診療案内

白内障

どんな病気?

眼の中の水晶体というレンズの役割を果たす透明な部分が濁ってくる病気です。

主な原因は加齢によるもので、年をとると髪が白くなるように、水晶体も濁ってきます。50歳代で約半数、80歳になるとほとんどの方にみられるようになります。また、糖尿病やアトピー性皮膚炎、ステロイド薬の副作用による白内障もあります。

治療方法

症状の改善、視力の回復には手術が必要です。

日常生活に不自由がなければ、点眼薬で進行を遅らせる治療もありますが、症状を改善したり、視力を回復させるものではありませんので、基本的には手術が必要になります。
近年白内障手術治療は劇的に進歩し、小切開であることはもちろん、眼内レンズの種類も豊富であるため、どれを選択してよいのか迷われる患者様が多くいらっしゃいます。当院では手術は行っていませんが、その患者様に合った適切な医療機関へご紹介させていただきますのでご安心ください。
また、週に一度、手術症例の多い取手市の松本眼科に出張して手術を行っております。ご希望の患者様はご相談ください。

松本眼科ウェブサイトへ

緑内障

どんな病気?

眼の神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。

眼圧(眼球の硬さ)の上昇がその病因の一つと言われていますが、眼圧が正常であるにも関わらず視野が狭くなる「正常眼圧緑内障」という緑内障もあり、眼圧以外の要因も緑内障に関与していると考えられています。日本人の多くはこの正常眼圧緑内障といわれており、40歳以上の17人に1人が患っているといわれています。しかし、初期には自覚症状が無いため、治療を受けていない人が大半です。視神経の障害は元に戻ることはなく、一旦見えなくなった部分は見えるようにはなりません。

治療方法

薬・レーザー・手術など様々な治療方法がありますので、
精密検査のうえ患者様にあった治療を行います。

自覚症状が出る前の初期に発見し、治療を開始することが重要です。緑内障の診断には視力、眼圧測定、細隙灯顕微鏡、眼底検査のほかに視野検査や三次元画像解析装置による視神経の精密検査を行います。治療の目的は進行を遅らせることであり、回復させるものではありません。治療方法は「眼圧を下げる」ことであり、薬物療法・レーザー治療・手術などありますが、すべての緑内障に対して同じ治療効果があるのではなく、緑内障の種類や症状の出方などにより、個別に適した治療方針を決定していきます。正常眼圧緑内障であっても眼圧を下げることで進行を遅らせることが可能であり、多くは点眼での治療を継続していれば失明に至ることはありません。緑内障の家族歴がある方、近視が強い方、その他不安を感じられている方は一度早めに当院にご相談ください。

糖尿病網膜症

どんな病気?

血糖の高い状態続くと網膜の血管は少しずつ損傷を受けます。糖尿病が原因となる目の病気です。

網膜は眼底にある薄い神経の膜で、ものを見るために重要な役割をしています。網膜には光や色を感じる神経細胞が敷きつめられ、無数の細かい血管が張り巡らされています。血糖が高い状態が長く続くと、網膜の細い血管は少しずつ損傷を受け、変形したりつまったりします。血管がつまると網膜のすみずみまで酸素が行き渡らなくなり、網膜が酸欠状態に陥り、その結果として新しい血管(新生血管)を生やして酸素不足を補おうとします。新生血管はもろいために容易に出血を起こします。また、出血すると網膜にかさぶたのような膜(増殖組織)が張ってきて、これが原因で網膜剥離を起こすことがあります。糖尿病網膜症は、糖尿病になってから数年から10年以上経過して発症するといわれていますが、かなり進行するまで自覚症状がない場合もあり、まだ見えるから大丈夫という自己判断は危険です。糖尿病の人は目の症状がなくても定期的に眼科を受診し、眼底検査を受けるようにしましょう。

治療方法

ある程度症状が進行している場合はレーザー(網膜光凝固術)での治療、
更に進行が見られる場合は手術が必要です。

ある程度進行した網膜症に対しては網膜光凝固術を行います。これは主に網膜の酸素不足を解消し、新生血管の発生を予防したり、すでに出現してしまった新生血管を減らしたりすることを目的として行います。光凝固は正常な網膜の一部を犠牲にしますが、全ての網膜が共倒れになるのを防ぐためにはやむを得ません。この治療で誤解を生みやすいのは、今以上の網膜症の悪化を防ぐための治療であって、決して元の状態に戻すための治療ではないということです。網膜症の進行具合によって、レーザーの照射数や照射範囲が異なります。網膜光凝固術は早い時期であればかなり有効で、将来の失明予防のために大切な治療です。
さらに進行した網膜症に対しては硝子体手術が必要になり、その際は適切な専門施設に紹介させていただきます。

加齢黄斑変性

どんな病気?

網膜の中心部である黄斑に、新生血管という異常な血管ができ、出血やむくみをきたす疾患です。

視野の中心部が見えづらくなるのが特徴で、視力低下や変視症が起こる重篤な疾患です。 欧米先進国では失明原因の第1位で、50歳以上の人に多く発症し、日本では50歳以上の人口の約0.9%(100人に1人)にみられ近年増加傾向にあります。
放置すると視力は次第に低下し、90%以上が矯正視力0.1以下になります。 治療に抵抗性で再発の多い疾患ですが、近年新生血管の発生・拡大に血管内皮増殖因子(VEGF)が関与していることがわかってきました。

治療方法

新生血管の増殖を抑える薬を注射することで、治療を行います。

VEGFを抑えて新生血管の増殖を抑制する薬(ルセンティス®、アイリーア®)を硝子体内に注射することによって治療します。
詳しい投与スケジュールは外来受診時にご相談ください。

屈折異常

どんな病気?

網膜にきちんとピントが合っていない状態です。

調節をしない状態で遠くを見たとき、網膜にきちんとピントが合う屈折状態の人を「正視」といいます。正視の人は遠くがよく見えるわけですが、実際には網膜にピントがきちんと合う人は少なく、大多数は屈折異常です。屈折異常では、網膜にピントが合わず、網膜の前後でピントが合ってしまいます。網膜の前にピントが合う屈折状態の人を「近視」といい、逆に網膜の後ろにピントがくる人を「遠視」といいます。

近視や遠視という屈折異常を引き起こす大きな原因は、眼軸長といって目の前後方向の長さが異なることが考えられます。さらに、水晶体や角膜の屈折力の差によることもあります。強い近視ではほとんどの場合、眼軸が長いことが原因です。

乱視は目に光が入る方向によってピントが合う位置がまちまちになっている現象です。わかりやすくいうと、網膜にうつる画像はテレビ画面のようなものですから、その縦の縮尺と横の縮尺が同じでなく異なるために、上下や左右にだぶって見えたりします。 主に角膜のカーブのゆがみによる角膜乱視が原因で、厳密にいうと、乱視のない人はほとんどなく、ごく軽い乱視を含めると多くの人に乱視は見られます。

治療方法

適切な眼鏡・コンタクトを処方いたします。
また、オルソケラトロジーでの治療も行っています。

当院では丁寧な検査・カウンセリングを行い適切な眼鏡・コンタクトレンズを処方させていただきます。また、近視治療として夜間にコンタクトレンズを装用することにより近視を矯正し視力を改善するオルソケラトロジーも行っております。

オルソケラトロジーについて

ドライアイ

どんな病気?

涙の異常により、目の表面の健康が損なわれる疾患です。

『ドライアイは、様々な要因により涙液層の安定性が低下する疾患であり、眼不快感や視機能異常を生じ、眼表面の障害を伴うことがある。』と定義されています。
ドライアイは、涙の量が減ってしまう「量的な異常」と涙の性質や涙を保持する能力が変化する「質的な異常」にわけられます。
「量的な異常」は、涙の分泌そのものが少ない状態で、「質的な異常」とは、涙の成分の異常、例えば、脂質成分やムチンと呼ばれるタンパク質成分が少ない、角結膜上皮に問題がある、などの原因により、涙は分泌されていても涙が目の表面に留まらない、すぐに乾いてしまう、といった状態です。
「質的な異常」の一部に『BUT短縮型ドライアイ』と呼ばれる種類のドライアイがあります。これは、涙は分泌されているが目の表面で涙の膜が安定せず、5秒以内に涙が乾いてしまう状態をいいます。最近、パソコンなどの作業が多いオフィスワーカーやコンタクトレンズを装用している方を中心にこのタイプのドライアイが増えています。

治療方法

主に点眼治療、改善しない場合は「涙点プラグ」での治療を行います。

上記のような症状を感じたら、眼科で検査を受けましょう。
涙の量、安定性、目の表面の角膜や結膜の状態をみて治療を開始します。主には点眼治療を行いますが、症状が改善しない症例には「涙点プラグ」 も行います。これは涙の排出口となる涙点を小さなシリコーン製の栓でふさぐことで涙を貯める治療です。当院ではこの一般的なプラグのほかに液体のコラーゲンプラグもあり、症例に応じて選択しています。

アレルギー性結膜炎

どんな病気?

目の表面に花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が付着して、
結膜に炎症を起こす病気です。

花粉などが原因の、特定の季節にのみ症状があらわれるものを季節性アレルギー性結膜炎といい、一年中症状がみられるものは、通年性アレルギー性結膜炎といいます。重症のものでは、子どもに多くみられる春季カタル、ソフトコンタクトレンズを使っている人にみられる巨大乳頭結膜炎などがあります。眼のかゆみ、充血、異物感のほか白っぽいメヤニや流涙が主な症状です。

治療方法

治療の基本は薬物療法で、日常生活に支障がないよう症状を軽くすることを目的に行います。

治療には、抗アレルギー点眼薬(抗ヒスタミン薬、ケミカルメディエータ遊離抑制薬)が、主に使われます。重症の場合には、ステロイド点眼薬や免疫抑制点眼薬などを使用する場合があります。
アレルギー性結膜炎のなかでも、症状の出やすい時期が予測できる花粉などが原因のアレルギー症状の場合には、『初期療法』という考え方が適用されます。症状が出る前の、花粉飛散時期の約2週間前から、または症状が少しでもあらわれたら、抗アレルギー点眼薬による治療を始める方法で、花粉飛散ピーク時の症状が軽くなります。毎年花粉症がひどい場合は、症状があらわれる前に受診されることをおすすめします。アレルギー検査も行っていますのでお気軽にご相談ください。