オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは?

レーシックのような手術をせずに、日中もメガネやコンタクトレンズを使用せず生活できる新しい近視の治療法です。

夜間睡眠中にオルソケラトロジー用レンズ(特殊デザインの高酸素透過性ハードコンタクトレンズ)を装用し、角膜の形を平坦化して近視を矯正する方法です。 朝起きてレンズを外した後も一定時間角膜の形が保持され、日中はコンタクトレンズやメガネを装用せずに裸眼で生活することが可能です。近年では近視進行抑制効果についての報告もあり、注目されています。

治療方法

夜間の睡眠中に特殊なレンズを着用し、角膜を矯正します。

近視の状態

近視とは、光学的に網膜の手前で
ピントが合った状態です。

レンズ装用時の変化

オルソケラトロジーレンズを装用
する事によって、角膜の形が変化し、ピントが網膜上に移動します。

矯正後の状態

オルソケラトロジーレンズを外しても角膜形状が変化している間は網膜上でピントが合い、裸眼で過ごせます。

治療の流れ

適応検査

視力検査や眼底検査、角膜形状解析など眼科一般検査を行い、その結果を基に治療が適応かどうか判断します。
適応となった場合、レンズの取り扱いと脱着を指導します。
適応検査はお電話にてご予約下さい。

【電話受付】9:00 - 17:30 (休診日を除く)

1週間トライアル

1週間トライアルレンズを無料貸出します。(紛失・破損は有料)
毎晩就寝前にレンズを装用し、効果をご確認いただきます。
1週間後に検査を行い、治療を希望される場合はレンズを注文します。

レンズお渡し・
定期検査

レンズをお渡し後は3週間後、その後3ヵ月毎の定期検査を行います。
レンズお渡し時に次回検査までのお試し費用(3万円+消費税)をいただきます。それ以降治療を継続される場合はお試し費用を内金として残金を納めていただきます。

定期検査は矯正効果の確認に加え、合併症の早期発見のためにも重要ですので、必ず受診してください。また見え方が急に変化したり、何か異常を感じたりした場合は、決められた検査日以外でも受診してください。

治療費用

オルソケラトロジー治療費

★レンズ代・治療開始後2年間の定期検査代・月2本の装着液代を含みます。

  • 両眼
  • 片眼
  • オルソケラトロジーレンズによる近視矯正治療は保険適用外となり、すべて自由診療になります。
  • オルソケラトロジーの治療に係る費用は医療費控除の対象です。
  • ケア用品代は別途かかります。
  • 半年以内のレンズ破損は1回のみ無料です。紛失保証はありません。
  • 2年ごとにレンズを交換し、その際に更新費がかかります。
    (両眼・・・80,000円+消費税、片眼・・・50,000円+消費税)
    ★レンズ代・治療開始後2年間の定期検査代・月2本の装着液代を含みます。